Global  |   |Find Us:TwitterFacebookYoutube
  ホーム > プレスセンター > ニュース > ZTEジャパン ニュース

[ZTEジャパン] ZTE製4.5GHz帯向け実験システムを使用した5G実証実験の開始について

      2017-11-21      ZTEジャパン株式会社

ZTE Corporation及びZTEジャパン株式会社(以下、ZTE)は、ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)が2017年11月20日に実験局免許を取得した4.5GHz帯の実証実験において、第5世代移動通信システム(以下、5G)用基地局やコアネットワーク装置などの実験装置をソフトバンクに提供し、共同で実験を開始することを発表します。4.5GHz帯は日本での5G向け候補周波数帯の一つであり、両社共同で東京の芝大門地区に構築したトライアルサイトにおいてフィールド試験を実施いたします。

 

ZTEは世界の5G技術開発のパイオニアとして、世界の多くの通信事業者と共同で5G技術の検証および商用に向けた実験を推進してまいりました。

 

ZTEは、2015年から5G技術の早期商用投入を念頭に、5Gの有力な要素技術の一つであるMassive MIMOの実証実験をソフトバンクと共同で実施し、2016年から商用サービス向けのMassive MIMO装置を提供するなど、両社間で密接な協力関係を築いてまいりました。今回の実験は、ソフトバンクが2020年ごろに提供開始を予定している5Gサービスを見据えた実証実験との位置づけで、これまでに両社が蓄積してきたノウハウを基に、5G導入に向けた実験を実施いたします。

 

今回の実証実験では、東京都心の建物が密集した屋外の環境において、Massive MIMOや5Gで使用される新たな無線インターフェースを使用し、複数台の試験端末を用いて、高速ブロードバンド通信、モビリティの検証等、実際の利用シーンを想定した実験を実施する予定です。

 

ZTEはソフトバンクを始めとする世界中の通信事業者との協力関係をさらに促進し、これまで世界の主要通信事業者と研究・開発を重ねてきた次世代の通信技術をいち早く提供することで、移動体通信ユーザーに対して5Gの新たな世界を提供できるよう、積極的に取り組んでまいります。



TOPClose