Global  |   |Find Us:TwitterFacebookYoutube
  ホーム > プレスセンター > ニュース > ZTEジャパン ニュース

[ZTEジャパン] ZTE、ソフトバンク株式会社及びWireless City Planning株式会社と共同でMassive MIMOの高度化の実証実験に成功

      2017-09-26      ZTEジャパン株式会社

ZTE Corporation及びZTEジャパン株式会社は、ソフトバンク株式会社及びWireless City Planning株式会社と共同で、長崎県の商用サービスエリアにおいて空間多重技術(Massive MIMO)の高度化の実証実験に成功しました。本実験では、20MHz帯域幅にて24台の端末を用いて同時にデータダウンロード通信を行い、24多重(セル通信速度956Mbps)を達成しました。

 

Massive MIMO技術は次世代(5G)無線通信の重要な要素技術であり、大量のアンテナを用いて、基地局と多くの端末の間で同時に通信させる技術です。それにより、電波品質の改善を図りユーザー体感を大幅に改善することができます。
ユーザーの密集エリア(例えば、祭りやイベントなど)において、従来の4Gネットワークでは、そのエリアに在圏するすべてユーザーの間で帯域幅を分け合いますが、Massive MIMOでは、多重化を実現することですべてのユーザーごとに単一帯域幅の周波数を専用することができます。通常の4G端末においても通信が可能であるため、今日でも快適なサービス実感を提供することができます。

 

昨年より、空間多重技術の高度化に向けて共同で開発して参りましたが、今後もさらなる発展を目指します。


 

TOPClose