Global  |   |Find Us:TwitterFacebookYoutube
  ホーム > プレスセンター > ニュース > ZTEコーポレーション ニュース

[ZTE Corp.] ZTE、8年連続でPCT国際特許出願数トップ3を堅持

- 5G関連の国際特許出願件数は合計1,700件以上に -
      2018-03-28      ZTEコーポレーション


世界で展開する大手通信プロバイダーであり、企業や一般消費者向けにモバイルインターネットのテクノロジーソリューションを提供するZTEコーポレーション(0763.HK / 000063.SZ、以下、ZTE)は、2017年に特許協力条約 (PCT)に基づき2,965件の出願を提出し、世界知的所有権機関 (WIPO) の特許出願リスト最新版で年間世界第2位にランクインしました。

 

ZTEは8年連続(2010年~2017年)で、国際特許出願件数で世界トップ3内にランクインしており、これは中国企業として唯一です。

 

中核技術の際立った革新や研究開発への投資強化を、ZTEは重要視してきました。2017年に、ZTEの研究開発支出は129億6千万人民元にまで増加し、これは総収益の11.9 %に当たります。創業から2017年12月31日までに、ZTEは世界中で69,000件以上の特許を出願し、そのうち30,000件の特許を取得しました。なお、出願件数には1,700件以上の5G関連の特許出願も含まれます。

その間、ZTEは新興分野での特許につながる革新に注力し続けました。世界的に有名な特許検索企業のQUESTELが発行するマイクロチップ産業の特許分析および特許ポートフォリオ品質評価レポートによると、ZTEはICチップセット関連の特許を最も多く取得している中国企業として、中国製ICチップセット分野を牽引する立場にあります。

 

ZTEは「2020年戦略」に沿って、5Gエンド―ツーエンドソリューションに注力すると共に、引き続き5Gコア製品の研究開発への投資を拡大し、製品競争力を強化していきます。ZTEは接続性、通信事業者、サービス、モバイルデバイスに関連するすべての製品を一連のものとし、5G技術、商業化、規模の経済をリードするため、新興分野での積極的な展開を今後も視野に入れています。




本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。
オリジナル言語版:http://www.zte.com.cn/global/about/press-center/news/2018March/3-23-1


TOPClose