Global  |   |Find Us:TwitterFacebookYoutube
  ホーム > プレスセンター > ニュース > ZTEコーポレーション ニュース

[ZTE Corp.] ZTE、ボリビア最大のFTTxネットワークを構築するエンテルの独占サプライヤーに

- エンテルがZTEのZXA10 C300次世代大容量高密度コンバージェンスフルサービス・アクセス・プラットフォームを展開 -
      2014-09-11      ZTEコーポレーション

通信機器、ネットワークソリューション、モバイル端末を提供するグローバル企業であるZTEコーポレーション(ZTE)(香港H株:0763.HK、深センA株:000063.SZ)は、ボリビア初の大規模FTTxネットワークを構築するエンテル社の入札で単独契約企業となったことを発表いたします。このネットワークは、国内4地域すべてをカバーし、ボリビアの個人と企業に高速ブロードバンド接続を提供します。

 

エンテルは、ZTEのZXA10 C300次世代大容量高密度コンバージェンスフルサービス・アクセス・プラットフォームを展開し、ネットワークを迅速に構築してスムーズに移行させる必要性に対応します。ZXA10 C300プラットフォームでは、NG PONおよびWDM PON技術へのスムーズなアップグレードが可能です。完成すれば、エンテルのFTTxネット
ワークはボリビアのほとんどの地域をカバーし、地域によるデジタル格差を縮小できます。

 

エンテルは、ボリビア最大の通信事業者であり、無線市場ではトップに立っています。エンテルは、約400万人の端末利用者を抱え、GSM、UMTS、700 MHz LTE、その他の無線サービスを提供しています。今年開始するこのFTTxプロジェクトを通じて、エンテルは有線ブロードバンド・アクセス・サービスを大きく改善し、ボリビアの通信市場での主導的立場を確かなものにします。

 

有線ネットワーク製品総経理である朱永興(ジュー・ヨンシン/Zhu Yongxing)は、このように語っています。「高度な技術ソリューションと幅広い商業的経験により、ZTEはFTTxソリューションの世界的リーダーになっています。当社は、エンテルが顧客に優れたブロードバンド・サービスを提供して持続可能な成長を達成し、ボリビアでの競争力を改善できる手助けをしていきます。さらに当社は、エンテルが国内のほとんどの地域にブロードバンド・サービスを展開し、市民の利益のために国内のブロードバンド普及率を改善する支援をさせていただきます。」

 

このプロジェクトの前にも、ZTEは南米で2つの大規模なGPONネットワークを構築しています。ウルグアイのANTELによる全国GPONネットワークとコロンビアのETBによる全国FTTHネットワークです。

 

ZTEは、世界の有線ネットワーク機器の主要供給企業の1社です。有名な市場リサーチ会社のオーバムの報告によれば、ZTEは2013年第4四半期と2014年第1四半期の間に478万回線のGPON製品を出荷しました。これは、直近の期間と比べて23.6%の増加です。ZTEは、この期間に最も急速に成長した主要ベンダーです。




本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

オリジナル言語版

http://wwwen.zte.com.cn/en/press_center/news/201409/t20140911_427077.html




TOPClose