Global  |   |Find Us:TwitterFacebookYoutube
  ホーム > プレスセンター > ニュース > ZTEコーポレーション ニュース

[ZTE Corp.] 中国移動通信がGPON装置の年間入札でZTEを含むベンダーを選定

      2014-04-21      ZTEコーポレーション

通信機器、ネットワークソリューション、モバイル端末を提供するグローバル企業であるZTEコーポレーション(ZTE)(香港H株:0763.HK、深センA株:000063.SZ)は、中国移動通信(チャイナモバイル)から年間入札でGPON(ギガビットパッシブオプティカルネットワーク)装置を受注しました。

 

ZTEは、厳格な選考を経て中国移動通信の入札で契約に至ったわずか3社のベンダーに入りました。中国移動通信の入札は、61万4,000台以上のONU (光加入者線ネット
ワーク装置)と3,000台以上のOLT(光加入者線終端装置)が対象で、各ベンダーの製品品質に加え、研究開発能力、ソリューションの カスタマイズ、納品、技術サポートが検討されました。ZTEのほかには、上海貝爾と烽火通信科技が落札しました。

 

ZTE光アクセス製品総監の貝勁松(ベイ・ジンソン/Bei Jinsong)は、次のように述べています。

「ZTEは、真摯な研究開発努力と質の高い顧客サービスによって顧客企業と利益を共有できるよう努力しています。当社の努力は、業界有数の製品性能と、GPON装置の市場受容の拡大として結実しています。」

 

オーバムによる世界の固定線ネットワーク市場に関する最新報告書によれば、ZTE製GPON装置の昨年第4四半期の出荷台数は前四半期比で27%増加し、 主要ベンダーの中で最速の成長となっています。この業績は米州、欧州、中国での需要に後押しされたものです。ZTEはトップクラスの製品と優れたサービス を提供し、世界のGPON市場で業界リーダーの地位を維持できるよう努力しています。




本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

オリジナル言語版

http://wwwen.zte.com.cn/en/press_center/news/201404/t20140421_422694.html




TOPClose